Home » 未分類 » 健康な睡眠が肥満を防ぐ

健康な睡眠が肥満を防ぐ

肥満の要因の1つである味の濃いジャンクフードや、甘い食べ物も、睡眠時間が短い人の方が好んで食べたがるようになるとされています。また、胃ではグレリンという物質がつくられ、食欲を高める作用があるといいます。

人の体にはレプチンという食欲抑制ホルモンがあります。ひとつは遅くまで起きているとお腹がすいて消費カロリー以上につい食べ過ぎてしまうことではないでしょうか。

夜更かしすると肥満の原因となりやすいラーメンやアイスが食べたくなるのも頷けます。肥満と睡眠との間にはどんな関係があるのでしょうか。
健康のために肥満の対策をする必要性が注目されていますが、肥満対策に有効な方法として、睡眠時間の確保があります。7~9時間眠る人と比べると、4時間以下しか眠らない人は73%も肥満になりやすいといいます。

主に脳の視床下部の満腹中枢に働いてお腹いっぱいという感覚を起こさせると言われています。血中グレリン量と、血中レプチン量を比較したところ、睡眠時間が長い人と短い人と間には、はっきりとした違いがあったといいます。

肥満と睡眠時間との関係はとてもはっきりしており、6時間睡眠では23%、5時間睡眠では50%といいますので、軽視はできません。睡眠時間が減ると食欲抑制物質であるレプチンが減って、亢進物質であるグレリンが増えるといわれています。

肥満を防ぐためには健康的な生活習慣を心がけ、質の良い睡眠をたっぷりととることが重要だといえるでしょう。